大和しじみの幻の産地 鳥取県 はわい温泉の畔にある東郷湖!日本一といっても過言ではない大きさは通常のしじみの3倍!有名料亭でしか取引されない市場にでることのない超高級品を全国へお届けします!
鳥取県の中央に位置する東郷湖は、古くからしじみ漁が盛んでした。東郷湖で採れる大和しじみは通常の3倍もある大きさと黒く輝く美しい姿から、有名料亭やレストランを中心に直接取引されていました。一日の漁獲量に制限があり、ほとんどが料亭やレストランに直接取引され、業界内でもなかなか手に入らないことから幻の産地とも呼ばれています。

ほとんど市場に出回らないことから、島根県の宍道湖などと比べると全国的にあまり知られていない産地でもありますが、黒く美しい大きなしじみは、料亭など関係者ではすごく有名なしじみの産地です。

当店では、鬼蜆をもっと全国の方々に知ってもらうために朝一獲れたての活きしじみとお手頃な冷凍しじみを地元価格にてお届けします。
詳しくはこちら
東郷湖は汽水湖で湖底からは温泉が湧き出ており、東郷湖周辺には、はわい温泉・東郷温泉という温泉街があります。湖底から湧き出る温泉により水温が高く、しじみの餌となるプランクトンが豊富で通常の3倍の大きさに成長します。

東郷湖周辺のはわい温泉・東郷温泉では、お料理に東郷湖の鬼蜆が食べられる旅館がたくさんあります。東郷湖のしじみ漁を露天風呂に浸かりながらまったりと眺められ、お料理でその鬼蜆をご堪能いただくのも、はわい温泉・東郷温泉の醍醐味でもあります。
はわい温泉・東郷温泉の詳細は下記よりお進みくださいませ。
詳しくはこちら
東郷湖のしじみは、市場で高値で取引されることから乱獲や密漁が相次ぎ、2002年の漁獲量は、最盛期の20分の1にまで落ち込んでしましました。

そこで、東郷湖漁業協同組合では、しじみ資源復活のために漁獲量の制限、水質改善など様々な取り組みを行い5年もの歳月をかけ東郷湖のしじみを復活させました。 そこで生まれたのが大きさ14mm以上もある「鬼蜆(おにしじみ)」です。
東郷湖の鬼蜆(おにしじみ)がなぜこんなに大きいかというと、永続的なしじみ資源の保全のため、厚さ14mm未満のしじみは出荷しないという取り決めがあるためです。

鬼蜆が14mm以上の大きさになるためには、4~5年もの歳月をかけて成長しなくてはなりません。これは、地域と漁業関係者全員の協力なしでは成し得ないことです。水質環境の保持、漁場環境の保全・改善など地域と漁業関係者のたゆまぬ努力があったからこそ大きくて立派な「黒いダイヤ」と呼ばれる鬼蜆(おにしじみ)が生まれたのです。
詳しくはこちら